FEATURE ワタヤの特徴

 

HOME > ワタヤの特徴 > 補助金制度について

補助金制度 SUBSIDY

新築住宅の購入時だけではなく、一定条件を満たす住宅リフォームにも補助金や助成制度があります。リフォームの種類や内容によっては、国あるいは自治体など様々な補助・助成・減税制度が適用されます。条件により、複数の支援を適用できたり、高額な支援を受けられる場合もあります。ワタヤでは、皆様のリフォームのご負担を少しでも軽くできるよう、長年培ってきたノウハウを活かし、様々な制度のご案内やプランをご提案をしております。お気軽にご相談ください。

※いずれの制度も予算が無くなり次第終了となりますので、申請されたい方はお早めにご検討ください。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

質の高い住宅ストックの形成及び子育てしやすい環境の整備を図るため、
既存住宅の長寿命化や三世代同居など複数世帯の同居の実現に資するリフォームを推進するための補助事業です。

対象 ①~③を満たすリフォーム工事
  • ①インスペクションを実施し、維持保全計画・履歴を作成すること
  • ②工事後に耐震性(例:着工が昭和56年6月以降、耐力壁の増設など)と劣化対策(例:床下の防腐・防蟻処理、ユニットバスへの交換など)が確保されること
  • ③日常的に使用する居室等の部分が、省エネルギー性(例:遮熱ガラスへの交換、高効率給湯器への交換など)、維持管理性(例:給水・排水管の更新など)のいずれかの基準を満たすもの
補助額
  • 評価基準型:最大100万円(部分改修:おすすめ)
  • 認定長期優良住宅型:最大200万円(ほぼ全体改修)
  • 高度省エネルギー型:最大250万円(ほぼ全体改修)
  • 三世代同居対応改修工事:プラス最大50万円

地域型住宅グリーン化事業

地域における木造住宅の生産体制の強化、環境負荷の低減等を図るため、地域の木材関連事業者、流通事業者、建築士事務所、中小工務店等が連携して取り組む省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅(長期優良住宅、認定低炭素住宅・性能向上計画認定住宅、ゼロエネルギー住宅)の建設を支援する補助事業です。

対象 長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅、ゼロ・エネルギー住宅
補助額
  • 長期優良住宅:最大110万円
  • 認定低炭素住宅:最大110万円
  • 性能向上計画認定住宅:最大110万円
  • ゼロ・エネルギー住宅:最大140万円
  • 地域材加算:プラス最大20万円
  • 三世代同居加算:プラス最大30万円

次世代住宅ポイント

高齢者が居住している住宅や、要介護認定を受けている方が居住している住宅に対して、住宅や敷地のバリアフリー化を目的とした改修工事などに助成金が交付される制度です。手すりの設置や段差の解消などによる移動の円滑化や家庭内事故を回避するためのリフォームが対象になります。

対象
注文住宅(持家)・リフォーム

2019.4~2020.3に請負契約・着工をし、かつ2019.10以降に引渡しをしたもの

分譲住宅

2018.12.21~2020.3に請負契約・着工し、売買契約を締結し、かつ2019.10以降に引渡しをしたもの
2018.12.20までに完成済みの新築住宅であって、2018.12.21~2019.12.20に売買契約を締結し、かつ2019.10以降に引渡しをしたもの

発行ポイント
  • 住宅の新築(貸家を除く):最大35万ポイント
  • 住宅のリフォーム(賃家を含む):最大30万ポイント(その他加算ポイントあり)

災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金

災害時に停電が長期化した場合に備え、分散型エネルギーである太陽光発電と家庭用蓄電システムの双方を組み合わせ、エネルギー供給源の分散化の実現のため、家庭用蓄電システム導入時の費用の一部について補助されます。

対象
  • 太陽光発電(10kW未満)設備併用
    (既設・新設不問 太陽光発電設備は補助対象外)
  • 節電要請窓口が提供するサービスへの加入・登録、または節電要請時の対応への同意
  • 災害時のグリーンモード運転
  • 災害時の対応報告
補助額 最大60万円

リフォーム減税

「耐震リフォーム」、「バリアフリーリフォーム」、「省エネリフォーム」、「同居対応リフォーム」など一定の要件を満たしていれば、これらのリフォームをすることで、「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。

対象
  • 耐震リフォーム
    家屋が昭和56年5月31日以前に着工されたものなど
  • バリアフリーリフォーム
    通路又は出入口の幅を拡張、浴室改良、便所改良など
  • 省エネリフォーム
    断熱改修、太陽光発電装置の設置、高効率給湯器の設置など
  • 同居対応リフォーム
    調理室を増設、浴室を増設、便所を増設、玄関を増設
控除額
  • 耐震リフォーム
    最大25万円その年分の所得税額から控除
    当該家屋に係る翌年分の固定資産税
    (120m2相当分までに限る)を2分の1減額
  • バリアフリーリフォーム
    最大20万円その年分の所得税額から控除
    当該家屋に係る翌年分の固定資産税額
    (100m2相当分までに限る)を3分の1減額
  • 省エネリフォーム
    最大25万円その年分の所得税額から控除
    当該家屋に係る翌年分の固定資産税額
    (120m2相当分までに限る)を3分の1減額
  • 同居対応リフォーム
    最大25万円その年分の所得税額から控除
    固定資産税の減額なし

八女市住宅改修事業補助金

市民の方が市内の施工業者によって現在お住まいの住宅を改修される人に費用の一部が補助されます。

対象 屋根、天井、外壁、内壁、床の改修、防音、間取りの変更工事、浴室、台所、トイレなどの水回り改修、耐震工事などの居住部分のみの改修
補助額 改修工事に要した費用(消費税別)の1割に相当する金額:最大10万円

福岡県木造戸建て住宅耐震改修促進事業補助金

木造戸建て住宅の耐震改修に要する費用の一部に補助金が補助されます。

対象 昭和56年5月31日以前に建築又は工事着目したものであることなど
補助額 八女市:最大60万円/筑後市:最大60万円/広川町:最大90万円/久留米市:最大50万円/みやま市:最大60万円/柳川市:最大60万円
補助金・助成金制度の申請代行も
お任せください!
補助金や助成金制度を利用したいけど、「どうしたらいいか分からない」「どの補助金制度が適用されるの?」等のお悩みをお持ちのお客様の為に、申請代行サービスも行っています。お客様に当てはまる補助金・助成金の制度の種類などを見極め、最後まで責任を持って対応いたしますので安心してお任せください。
お問合せ・無料相談カウンター
国や各自治体によって補助内容が異なりますので、
詳細を知りたい方や不明点等ありましたら、お気軽にショールームへお越しください。
TEL:0943-22-2029(営業時間 9:00~17:00)
定休日:水曜日(但し祝日は開館。翌日定休日)
ショールーム
へ行く
pagetop pagetop